« 2009年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年9月に作成された記事

2010/09/18

やっぱり軽量鉄骨住宅では無線LANの電波が飛びにくくなるようで

前回の更新からそろそろ1年経とうかとしてますが、流石にあれなので
ちょっとだけ更新。我が家は軽量鉄骨の2階建てですが、ワイヤレス
ルーターをコレに買い換えたところ
NEC Aterm WR8700N(HPモデル) PA-WR8700N-HP
NEC Aterm WR8700N(HPモデル) PA-WR8700N-HP
今までアンテナが外部に付いていたのが内蔵になったためか、2階へ
の11a/b/g/nの飛び方が微妙になっちゃったんですよね。と言っても、
自分で使う分には問題無く電波状況を見ていると多少弱い方向に
変動するくらいなのですが、大容量通信を止めどなく行っている(!)
弟には死活問題だそうで、突然切れるという苦情が。オンラインゲーム
に使ってるからなんですけどねー。とりあえずルーターに外部アンテナ
も付けられませんし、配置を変えようにもコンセントの位置などを考え
るとあまり移動できないのでどうしたものかと方法を探してみると
PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N-EZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N-EZ  [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
こんなものをハケーン。無線LAN中継器という便利な物があるんです
ねぇ。今まで離れた位置に電波を飛ばすにはワイヤレスルーターを
2台にしてルーター間をWDSで繋ぐという方法がありましたが、これは
設定が面倒で他に制約もあったんですよね。この中継器ならルーター
にWPSでワンタッチで接続でき、名前通りルーターからの電波を中継
するだけなので面倒な設定は要らないみたいです。これを1階の電波
が届く位置に設置すれば2階の電波状況は改善されそうです。という
ことでポチっと1台。

そして中でもよく切れる弟のNEC LaVie Cですが
日本電気 PC-LC950SG PC-LC950SG
日本電気 PC-LC950SG PC-LC950SG
内蔵無線LANのIntel WiFi Link 5100AGNがドライババージョンが
上がってきた今でもイマイチみたいなので、ここはさっくり他のPC
でも安定して動作しているBroadcomのものに交換することに
しました。同社のAMDプラットフォームのマシンでも採用例が多く
我が家の2台のNEC製PCにも搭載されていますからね。

そんなわけで無線LAN、これで安定してくれるといいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2011年1月 »